小冊子「非常識な育毛読本」

小冊子「非常識な育毛読本」の紹介です。抜け毛が減れば毛が増える。発毛させれば毛が増える。皮脂が毛穴に詰まって毛が発毛してこない。皮脂が過酸化脂質化して頭皮の臭いの元になっている。これらは全て間違いです。

このサイトの他のカテゴリー

小冊子「非常識な育毛読本」

育毛の世界で常識的に言われていることが、育毛相談の現場の事実や現実からすると「それっておかしいでしょ!」って感じることがとても多いです。

以下の育毛や薄毛に関する言葉を聞いて、あなたはどう感じますか?

こんな育毛・薄毛に関する言葉に注意

  1. 抜け毛が減れば毛が増えるのに?抜け毛が減って発毛すれば毛が増える。
  2. 皮脂が毛穴に詰まって毛の生育を邪魔している。皮脂が過酸化脂質化して頭皮を痛めている。だから頭皮や毛穴に詰まっている皮脂を取って頭皮を清潔にしないといけない。
  3. 薄毛は発毛させれば治る。薄毛は脱毛症の一つだ。
  4. 発毛するから毛が増える。
  5. 男性ホルモンが多くて薄毛になり毛が無くなる。
  6. 更年期になり女性ホルモンが減ることが薄毛の原因。
  7. 頭皮に臭うが、清潔に洗っていると臭いが無くなるから大丈夫。
  8. 頭皮にフケが出ているけど、毎日清潔にしているから大丈夫。

上記を読んでみて、どうお感じになりましたでしょうか?
「全部問題があるとは思えないけど。」と思った方はすでに薄毛になり進行しているかもしれません。

上記は一般的に常識と言われていますが全て間違いです。

その間違いを正しいと思って、普段のヘアケアを行っている人がほとんどだから、薄毛人口が減らずに増えているのです。今では女性や若い男性にまで薄毛が広がっています。

非常識な育毛読本

なぜ間違ったことが常識的に言われているのでしょうか?それは育毛剤の宣伝やCM・広告、そして美容業界に問題があるからです。

上記の間違った常識的な認識を正すことが、育毛に取り組み薄毛を治す育毛方法を採る為の第一歩になります。常識に沿って育毛方法を採ると上手くいかないからです。

上記のような常識を正す為に制作したのが、小冊子「非常識な育毛読本」です。

小冊子「非常識な育毛読本」の詳細はこちら
非常識な育毛読本

【無料サービス・小冊子・提供資料】の他の記事