どんなシャンプーを使うかが問題

育毛に大切なシャンプー選び

シャンプーは目的により育毛に及ぼす影響は大きく違います。頭皮用に作られたシャンプーは、敏感肌用の洗顔料と同じくらいに優しいので、洗顔にも使え、アトピー肌にも使えます。だが、成分的なことでは分かりません。

いろんなシャンプー比較

  • レストル頭皮用シャンプー:頭皮の育毛環境を整えるシャンプー

    頭皮や毛穴の健康と活性化を考えた処方で、頭皮や毛穴の育毛環境が整うように設計されている。

    頭皮や毛穴を刺激する成分をほとんど使用せず、頭皮や毛穴に残留しにくい処方になっている。皮脂腺を刺激しないよう適度に皮脂を除去するので、皮脂腺は肥大せず皮脂の分泌が多い男性の薄毛・ハゲ、女性の薄毛に配慮されている。

    敏感肌の女性の薄毛にも皮脂を取り過ぎず、頭皮にダメージを与えない配慮がなされている。

  • 感触を優先させた市販のヘア用シャンプー(市販品はほとんどこれ):コンディショニング効果=傷んだ髪の保護と補修、洗い上がりの感触をよくする目的の成分が多く含まれている。

    それらは、髪を綺麗に見せるには有効だが、頭皮や毛穴にはマイナスとなり育毛を阻害したり進行を早める作用がある。

    刺激して炎症を起こす場合もある。洗った後も感触が残るように設計されており、通常のすすぎ洗いぐらいでは頭皮や毛穴の周囲に残留しやすい。その残留成分が毛穴の内部まで浸透して毛の組織にダメージを与えている。

  • 石鹸系のシャンプー:薄毛の人には向かないシャンプー

    石鹸シャンプーには良いところもあるが、悪いところもあります。その悪いところが育毛には向かないのです。

    頭皮のバランスを崩すし、それを整える為のリンスが薄毛を進行させます

    石鹸素地は強アルカリと脂を反応させて作ります。その為、元々薄毛の人の頭皮は弱っているので、このような性格の石鹸シャンプーは育毛には向きません。昔は石鹸を殺虫剤に使っていたくらいですから、毒性が低いのではありません。

洗髪と洗髪の方法が大事

育毛にはシャンプーと方法が大事なのです。

最近「薄毛の原因はシャンプーが問題だから」と、全てのシャンプーを否定している人がいますが、それは大きな間違いです。

どんな目的のシャンプーでどんな洗髪法を採るかで薄毛を治せるかどうかが決まるからです。

シャンプーと洗髪法次第

どんなシャンプーでどんな洗髪法を採るかで、育毛の効果も違い、他に使う製品の効き方が大きく変わりますから、シャンプーをないがしろにしないようにして下さいね。

頭皮が老化していませんか?

今の20歳の人の頭皮は、昔の40歳くらいの老化した頭皮をしています。昔は25歳ぐらいが「若ハゲ」と言われたが、今は中学生から進行しています。

頭皮の老化を予防して改善していかないと、育毛剤をつけたくらいでは男性の薄毛とハゲ・現在の女性の薄毛は改善できません。まずは頭皮の回復から。

  • 皮脂をむやみに取ると老化する

    皮脂が男性の薄毛・ハゲの元凶とされていますが、取りすぎると頭皮や毛の組織の老化を早めます。

    特に、アトピーや鼻炎などのあるアレルギー体質の人は、洗い方や回数を的確にしないと、悪化・進行します。

  • 老化すると発毛しても育たない。

    発毛率80%の育毛剤でも「うぶ毛が生える」数値で「その毛が太くなり育つ」数値はその8分の1と大きく違います。

    うぶ毛なんて生えても育たなければ何にもなりません。頭皮や毛穴の組織や細胞が老化していると、発毛しても硬毛(太く長い毛)には育たないのです。まずは、頭皮を回復させてから。

  • 頭皮の老化は育毛剤では無理

    アルコールが多く、しかもローションタイプの育毛剤は、頭皮への保護作用がないので、弱り衰えた頭皮や組織を回復させるのは難しい。

  • 薄毛や若ハゲを解消するのには育毛剤や育毛剤のような製品は必要。

    だが、今は小さい時から皮脂を取り過ぎるシャンプー等で頭皮の衰えている人が急増している為、育毛剤や育毛剤のようなものが効かない老化型の頭皮の人が多いのです。

«
»